<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

今日の大切さ

生きている以上、誰かに影響を与え、誰かの影響をうける。
その真理は、あまり意識しないし、あまりにも当たり前にそこにある。

何のために仕事をしていたのか、そしてそれを続けていくのか。
半分以上はお金を得るため。生活に不自由がなければ、働いていないかもしれない。

ただ半分より少ないかもしれないが、何かを成し遂げたい、という想い。
時に狂信的に、そこに向かっていた自負もある。

その目的・目標が大きく、高く、自分にとって大切であればあるほど、
その周りでは摩擦がおき、軋轢を生む。

それを融和する、抑えこむ、もしくは回避する。
そこにあるのは正義だろうか。もしくは正義を振りかざすだけの、盲信だろうか。

自分独りでだって充分な満足を得られる。それは楽しい。
けれど、その場所に向かいたいと思える人と、
時を同じくして挑めることの計り知れない愉悦とは、比べるべくもない。

だからこそ、誰かと共に働くことを選択し、そこに身をおく決意をしているのではないか。


今日を前にして、自分のこれまでの振る舞いについて、
強制的に省み、かつ猛烈に反省しなくてはならないことがあった。

粗暴、粗雑。
自分が思っている以上に、誰かを傷つけているのだとしたら。

自分の向かうべき道に、雪が覆いふさがっていたら、どうするだろう?
除雪するか、氷塊させるか、春を待つか。

ただひとつの正解はないのだろう。
ただどの方法であっても、自分を含めた誰か、もしくは何かが影響を受ける。

その影響が思いの外大きかったという衝撃。
もしくはその影響を極端に過小評価していたかもしれない、という無知。

仕事ができないと評価されること以上に、
自分が萎えさせられることもあるのだと、正直改めて思い至った。

それでもなお、想いを共感し、信頼できる仲間がいる。
より一層改めて、今日を喜ぶ。



Feel it * 20:08 * comments(33) * -

COMPLEX 「日本一心」 義援金寄付 =最終報告=

復興予算が被災地と関係のないところで使われていた、いわゆる「流用」問題について、怒りを通り過ぎ、その矛先をどこに向けていいものか、そして、ここまで堕落している政治の現場について、どうしたら意識を変えて、本当の意味で国民の側を向いて判断・行動してくれるものかと憂うほかに、その解決に何が必要なのか、考えさせられてしまう。

かなり危険な物言いであることを承知で、あえて言わせてもらえば、いっそのこと、かの大震災は「東京」でこそ起こるべきだったんじゃないか。

あなたたちの家や家族や、その他多くの大事な、一生かかっても決して取り戻せない何かが失われたとき、そんな悠長なことを本当にやっていられるだろうか?

過去の有事と比較しても最大級ともいえる国の危機に直面し、日本国民がみな同じ方向を向いて、東北の皆さんへ、日本の未来へ投資したい、自分のできることから支援したいと思っている、まさにその中で、何故あなたたちだけが、そのことを理解できず、的外れな判断を下せてしまうのか、正直理解しがたい。


わたしたちができる一つの解は、
こうしたことを初めから理解している人と意を同じにし、行動を起こすことだ。
そして同時に、徹底的にこうしたことに異を唱えつつ、自分の判断で行動することだ。


2011年7月30日、31日に東京ドームで行われた、「COMPLEX 日本一心」復興支援ライブにおける収益と義援金寄付について報告があった。
予てから、吉川晃司さんは集めることのみならず、その使い道について、必要なところにきちんと届けるところまで責任をもって行う、という発言をされていた。
報告まで含めて、それを体現されているということだ。

COMPLEX「日本一心」における
東日本大震災被災地への義援金寄付に関するご報告(4)

「VOICE of KIKKAWA」(K2 NET CAST)


金額部分だけ抜粋すると、このようになっている。
COMPLEX 義援金

一目見て、その多くが子供のために使われていることが分かる。

「負の遺産を子供たちに押し付けたままではいられない」

繰り返し発せられた言葉。正直に、そして全うしたい思い、違わない行動――。
そのことが何より嬉しかった。


COMPLEXの再始動は、日本のミュージックシーンにおいて歴史的なことだったと言っていい。
けれどその事実は、わたしたちに青春時代の郷愁や、今後もう見られないプレミアム感だけを提示したのではない。
そこに参加する一人ひとりに、ただ単に歴史の承認者としてだけでなく、その意味するところを明確に示し、一人の力の意義を伝え、起こってしまったことに対して考え、行動する場と勇気と、そして仲間(同志)を与えてくれたのだ。

わたしたちは、ひとりじゃない。
一日でも早く、震災の被害にあわれた方々が、安心して眠れる日が訪れるように――。


Feel it * 20:02 * comments(80) * trackbacks(0)

「いじめ」への当事者意識が決定的に足りない

滋賀県、大津市の男子生徒自殺のニュースが連日報道されている。
これら一連の報道で後から後から出てくる驚愕する事実を突き付けられて、
ただ一つ思うことは、「関係者の当事者意識が決定的に足りない」ということだ。

どんな組織にも言えることだが、管理・統制する側の鉄則は、
「最悪の事態を想定して決断すること」だ。
そこにコストやリソースの配分といった、当たり前の論理的根拠を用いて、
打てる手を考慮する。
しかし、人の命についてコスト計算は簡単ではない。というかできないだろう。

であるならば、まずは未然に防げる手立ては尽くすべきではないか?
報道が正しいなら、疑わしき兆候はいくらでも見受けられた。
調査するコストや、その疑いが正しくなかった心象コスト、と比較して、
最悪の事態であった時の「何か」は、比較するまでもないはずだ。

そこに、誰一人として、当事者意識がまるで感じられない。

京都新聞の記事に愕然とした。以下抜粋(該当記事

 これに対し市側は5月に大津地裁に提出した答弁書で「いつ、誰が、どこでいじめを目撃したのか明らかにするように」と遺族に要求。さらに「いかなる措置を講じれば自殺を回避することができたか」と逆に説明を求めている。

自分達が、解決しなければならない問題ということを、認識していないのだろうか?
空恐ろしい限りだ。
子を持つ親として、このような態度を自治体や教育委員会、学校や先生に
取られたならば、すぐさま転校させる。
安心して任せることなどできない。

学校関係者には切に願いたい。
『いじめ』があったかどうかではなく、『いじめ』があることを前提に物事を捉え、
それを抑止または制止できる体制を構築してくれないか。
そうすることで、いじめられる子を徹底的に守ってほしい。

親としては、子に『いじめ』がどのように陰湿で、人の心を傷つけるか、
そうされることの痛みや、どのような気持ちになるか、をしつけ、
決していじめる側にならないように、教育する。


事実認定のため、そのための証拠がどうとか、本当にお粗末じゃないか?
子供の命を守るのが億劫な奴は、どうかその場所をどいてくれ。

どうすれば自殺を回避できたか、教えてくれ? ふざけるな。
その解決策を“誰か”に委ねるなど、ありえない話だ。

これは、“あなた”が取り組み、解決すべき問題だ。



P.S
勿論、「あなた」には「わたし」が含まれている。

Feel it * 18:17 * comments(44) * trackbacks(0)

バッテリー交換 BMW(e46)

単身赴任等で、何回もあげてしまったバッテリーは、寿命を迎えた。
車検もあったので、同時にやってもらおうかと、見積もってもらった。

っが!!
返ってきたのは、バッテリー交換で65,000円(!)
わたしの車のバッテリーはリチウムイオンか!ww

とんでもない金額を見積もってきたので、即効却下。
売上たてさせてあげようと思っていたのに…、もう自分でやることにした。
色々と節約したい、と思ってる皆さんも簡単なので、是非ご自分でどうぞ。

●交換用の工具
 車載のもので間に合うので、特に必要なし。
 できれば、グローブなり、軍手なんかを用意するといいと思う。
battery1

●バッテリーの選定
 車種への適合については、キチンと確認すること。
 容量アップなどを行う場合には、自己責任で。
 >BOSCHバッテリーの車種別適合表

battery2
 今回、購入したバッテリーは、『BOSCH PSI-6C (480A 62Ah)』
 純正は、480A 55Ahなので、少しだけパワーアップ。
 実売価格、1万円と少しくらいで購入できる。
 送料がかかるため、総合的に判断すべし!(安いだけで選ばない)

 BOSCHではシルバーシリーズというのが、お勧めだけれど、金額は高め。
 適宜選んでください。




●バッテリーへのアクセス
 バッテリーはトランクルームに右手前にある。
 作業には、床部や側面カバーを全て外す。
battery3
battery4

●バッテリーを抑えているステーを外す

●マイナス端子のナットを緩めて外す
 外すときは、絶対にマイナス端子から!

●プラス端子のナットを緩めて外す

●排気ホースを外す
 BMWなどの室内搭載車では、バッテリーに刺さっている排気ホースを外す。

これでバッテリーを外せます。
かなり重いので、腰を痛めないように注意。

●新しいバッテリーの搭載
 端子が同じ向きになるように、新しいバッテリーを搭載する。
battery5

●プラス端子にケーブルをはめる
 今度は先ほどと逆に、プラス側からナットを閉める!

●マイナス端子にケーブルをはめる

●廃棄ホースを刺す

●搭載完了!
 battery6

●試運転
 一端、エンジンが正常にかかるか、テストする。
 この程度の短時間のバッテリー交換では、ECUはリセットされないので、
 心配しなくて大丈夫。

●ステーをつけて固定
 バッテリーを留めていたステーを元通りにして、カバー等をすれば、完了です。
 エンジンを再度かけて、安定するまで数分、アイドリングを行います。


●おまけ
battery7
82,500Kmを超えました。


ディーラーなら、25,000〜35,000円程度、整備屋さんでも、20,000円〜25,000円程度が相場。
自分の労力はかかるけど、高いバッテリーでも、3分の1程度では済むと思います。

是非自分でやってみてください。

Feel it * 15:57 * comments(213) * trackbacks(0)

第4回AKB48選抜総選挙の主役が、“まりこ様”だった件

akb48選抜総選挙+1
天下のYouTube(ぐぐたす)の映像が、まったく見られないほどの注目を集めた『第4回AKB48選抜総選挙』。

たぶん今日は、その話題ばかりになるだろうから、コメントはしなくていいかと思っていたのだけれど、今年も神7入りで存在感を示した“まりこ様”のスピーチがあまりに攻撃的で、素晴らしかったので、つい。
メンバー個々のスピーチの内容が、livedoorのニュースにあったので、気になる方はこちらをご覧ください。

【第4回AKB48総選挙】大島優子が1位を奪還(livedoorニュース)




力強い視線を向けて話す姿が、凛々しくもありながら、そこには裏腹な葛藤もあったのだろうと思う。
大島優子さんがうなずきながら、そして微笑みながら、スピーチを聞いている姿に、先輩として、そしてまりこ様だけが言える台詞だったのだということを、よくも言ってくれたという共有する想いを確認することができる。

「席を譲らないと、上に上がれないメンバーはAKBでは勝てない­­」

お姉さんらしく、この総選挙の意味するところを的確に伝え後輩を鼓舞する姿に、まりこ様の優しさが垣間見えた。


Feel it * 12:44 * comments(23) * trackbacks(0)

顧客をファンにする「粋」な対応に法則はない

「七色ヶ丘中学校様、ご利用ありがとうございました!」
としてじゃらん内のブログを更新した、京都の「いろは旅館」が話題になっている。

先日放映された「スマイルプリキュア!」の13話で、主人公たちが修学旅行に京都に訪れた際、宿泊した旅館のモデルであったらしい。
あくまでも作画のモデルであって、協賛やスポンサードでのクレジットはされていないのだろうが、旅館の担当者(しっかりとアニメ内の設定と同じ旅館名義で)が放映後に、プリキュアたちにお礼を述べた形になっている。

「粋」だな。

アニメ人気にあやかったPRであることに違いないが、そういうことを差し引いてもなかなかいい。
こうした対応は、感性で行われることであり、企業文化や風土とも無関係ではないだろう。


最近は、特定の地域や場所、お店や物に至るまで、アニメでのプロダクトプレイスメントが頻繁に行われている。
昔は、テレビドラマや映画での専売だったものが、アニメのクオリティの向上、視聴者層の多角化(大人も取り込む)、また視聴者層(いい意味でのオタクと言われる層)の購買力によって、大きな力を持つまでになった。
「聖地巡礼」という言葉が、一般的にメディアに取り上げられるなど、舞台設定された地域などには、観光需要も含めて、多くの利益をもたらしているケースがいくつもある。

しかし、いつの時代もそうだが、広告というものには、慣れてしまったり、それ自体に露骨さがあまりに前面に出されることによる嫌悪感や忌避感というものが、必ずユーザ側に出てくることで、大きなバッシングなどにもつながるリスクがある。

ということは理解したうえで、誰も傷つけず、誰も邪魔にせず、誰も阻害しない、この「粋」な対応は、顧客を大事にするという宿として当たり前の精神をアピールするのに、絶好の場となったはずだ。

Feel it * 12:56 * comments(46) * trackbacks(0)

スマホ(F-05D)購入顛末記

先のエントリー【久しぶりにスマートフォンについて(後編)】で、
スマートフォンへ機種変更すると、今ある複数の課題を手早く解決できそうで、
だったら、富士通製の「ARROWS X LTE F-05D」にしたいということを書いた。

で、このスマートフォンを手にするまでの顛末が異例ずくめで、
自分的に物凄く面白いことだったので、紹介してみる。


わたしは購入したものをなるべく長く使いたいと思う性質(たち)で、
今、本当に必要なものか?
デザインは飽きがこないか?
数年後に機能は陳腐化していないか?
それらと費用はバランスがいいか?
などをかなり気にする。

であるのに、今回は実機(モックも含めて)を見ることも触ることもせずに、
購入を決めた。これだけでも異例中の異例。

その理由の多くは、今ある課題を程よく解決できるものが、ほぼこれしかなかった
というものだけれど、それがそのまま他のユーザの人気機種と合致してしまった。

決めた後、かなりの人気機種となっていて予約待ちの状況だと知ってしまい、
店舗に出向くのが億劫で、電話で在庫を確認して、そのまま予約待ちに並ぶことに。

この端末、特に首都圏ではクロッシー(LTE)のエリアということもあり、人気が高い。
数十人単位の予約となっていて、1月中にはおろか、2月に入っても順番が来るのは、
いつになるか分からないという有様だった。

というわけで、見もせず、手にもせず、課題はそのまま積み残して赴任地へ移動。


赴任先で、ふと、固定電話と違って、ケータイは全国どこで購入してもいいのでは?
と疑問がわき、ネットで調べるも、なかなかそんなレアな体験をする人もいないため、
欲しい情報にヒットしない。ま、当たり前か。

で、
ふとそういうこと知ってそうな(何にでもとことん詳しい)人に、気楽に尋ねてみた。

「ケータイって全国どこで買ってもいいの?」
「大丈夫。なんなら、ドコモショップの店長紹介しようか?」
「それはありがたいけど、希望機種が人気で、在庫がない」
「探させようか?w」

端折ると、そんなやり取りがあって、すぐにガサ入れ開始。(笑)
ほどなく、1台見つけたと連絡があった。それがなんと、下関。(爆)

おいおい、なんで本州の一番西!? なんて捜索力。。


果たして、2月に入っても入手は難しいと思われていた機種を、
騒ぎ出して10日程度で手に入れてしまった。
しかも、見ることも、触ることも、店舗に出向くことさえなく。ww

しかしその人的ネットワークたるや、素晴らしすぎる。
まったく脱帽です。そして、ただただ感謝。


P.S
予約待ちに並んでいる皆さん、全員ぶっ飛ばして入手してしまって、ごめんなさい。
そんなわけで、諦めていた1月中のキャンペーンにも間に合っちゃって、
ドコモのポケットチャージャーまで手に入れちゃったわけです。ww

Feel it * 18:08 * comments(33) * trackbacks(0)

久しぶりにスマートフォンについて(後編)

さて(前編)に続いての後編。

そもそもスマートフォンって「iPhone」一択なんだろうと思う、現段階では。
えっ!? Androidがあるって? その議論は時期がきたらやろう。(笑)

そもそもスマートフォンって名前がダメなんじゃないかと思う。
いや違うな、嘘みたいに許容させちゃうって意味では、消費者以外にはいい言葉か。

だって電話じゃないもんね、こいつは。携帯できる極小のパソコンでしょ、コレ。
そういう概念がないと、電池の減りが早い!とかなるよ、そりゃ。
だってノートパソコンを外で使ったことがある人なら、ふつーだもん、そのくらい。
むしろ良くもつほうでしょ、電池。

つまりね、そういう風に捉えさせない言葉が巧みなのであって、
そういう概念がなくて機種変更とかしちゃうと、ダメだってことはあると思う。

ちょっと皆が使ってるみたいだし、ちょっと便利になるらしいし、
ちょっとそろそろ2年縛りもキレるし、ちょっと新しいの欲しいと思ってたよ、
みたいな感じで機種変更するようなものじゃない。
っつか、機種変更って言葉も、そもそもおかしいのか。
ま、いいや、そんなことどうでも。w


で、スマートフォンへの変更なんだけれど、何故必要なのか。
引っ張っておいて、CM入れておいて(いや、iPhone押しはCM?)なんだけど、
それは人それぞれの事情ってことで、ここではいいや。<っておい!ww

事情は人それぞれって、消化不良もいいところで申し訳ないけれど、
なんせ必要なのは、
・ネットへの接続環境と
・カメラとマイクが付いたテレビ電話機能
なのだ。

となれば、今まさにスマートフォンなわけでしょ?
組み合わせなら色々とソリューションはあるけれど、なんせ一台で済むわけだから。
これはすごいよ。

で、検討してるのが、NTT docomoのNEXTシリーズ「ARROWS X LTE F-05D」。
後から知ったけど、みな考えることは一緒なのね、すごい人気があるらしい、コレ。

「えっ!?」って思った? 「iPhone一択じゃないの?」って思った?(笑)
そう、違う。ww

色んな意味でスマートフォンなら確かにiPhoneだと思う、今は。
でも今回必要なのは、
1.ネットへの接続環境(デザリング)
  デザリング機能で、ADSLを引かなくてもパソコンのネット接続が可能。
2.テレビ電話機能(カメラ+マイク付き)
  Skypeを利用すれば、パソコン相手とのテレビ電話も可能。
3.上記により、ケータイを変えるなら「おサイフケータイ」が必要。
  ほぼ、Edyで生活しているから、オンラインチャージは必須。
4.iPhoneじゃないなら、ドコモにしておく。
5.ドコモなら、クロッシィにしておくか。(全然範囲じゃないけどw)
6.どうせなら、日本のメーカーを応援する。
そうすると、ARROWSになっちゃうわけです。



というわけで、ケータイがあまり必要じゃないのに、なぜかスマートフォンにするのです。


P.S
ケータイって日本全国どこで契約してもいいのかな?

Feel it * 18:30 * comments(43) * trackbacks(0)

久しぶりにスマートフォンについて(前編)

2010.03.18 今からざっと1年10ヶ月前に、
「XPERIA」が気になるけど、おさいふケータイが使えない…】とエントリーした。

あっと、そういうことを言う前に2カ月もブログを放置して、年を越してしまったことを書くべきなのだろうか?
いや、このブログはそういう継続的に閲覧する奇特なファンを獲得しているわけではないから、必要ないか。ww

とはいえ、エントリーを待ってくれていた方、ありがとうございます。生きてます。
検索エンジンで、たまたまクリックしちゃった方、初めましてよろしくです。

前段終わったところで、本題のスマートフォンの話なのだけれど、、

あ、その前に(前編)って置いてるのは、なんだか久しぶりで気合い入ってる?(苦笑)かもしれないのと、今回は何となく長くなるんじゃないかなと思って、だったら2本立てでいくか! と思っただけで、あっさり終わって(後編)がなかったとしても、クレームは受け付けませんので悪しからず。<無責任


で、よもや約2年前とは全然様相が違ってきていて、スマートフォン全盛なわけです。

全盛と言いつつ、実は「全盛」ってのは、マスメディアなどがそう喧伝するだけで、日本での所持率とかみると圧倒的にまだガラケーなんだけれど、いわゆる販売奨励金による人為的な販売価格引き下げ策で、がんがん機種変更させるってビジネスモデルを取っていたのが、国の規制で通用しなくなって、と同時にユーザへの浸透度はほとんどマックスで頭打ち、加えて機能的にこれ以上ないくらい満足できるところまで進化したケータイを、それ以前より購入価格がものすごーく高くなった新機種に変更するインセティブなんてほとんどなくなっていたことで、各キャリアは通信費での売上しか見込めなくなってきていた。

加えて、ソフトバンクがそれ以前より施行されていたMNP(ナンバーポータビリティ)の制度を最大限利用して、他社に先んじて同キャリア間通話無料を含む、他社より安い料金プランを提示してシェアを奪う戦略に出たわけで、キャリア各社は通信費しか取れなくなっているのに、これ以上売上を減らせられない!ってことで、価格競争となり、ほどほど儲からなくなってきていて、もがいていたわけです。(ふぅ)


で、将来に向けた新たなビジネスモデルとして、通信費の上乗せが至上命題だったわけで、そこに救世主のごとく登場したのがスマートフォンだったわけです。

というわけで、キャリアもここが勝負どころと血走っているのと、注目度が上がることでマスメディアがあおるって構図で、今まさに「全盛」となっているんだけれど、本当のところ「全盛」ではまだまだないわけ。

でも考えてみるに、
ここ10年の間、日本人は本当にケータイに翻弄されているなって感じる。
逐一、その動向を気にしてきていると言ってもいいかな。
その話題って結構な時間や何かを占めていた気がするけど、だからってあまり実りになっていないっていう…。
新しい機能や何かがどうかってことが、それほどわたしたちの生活に影響があるとも思えないのに、なんで何だろう?
これはまた別の議論が必要だから、やめとくか。


わたしは2年前と変わらず、SO902iというケータイを使っている。
ほとんどケータイを使う理由がなくて、できれば持ちたくないくらいで、
それでも持っているのは周りへの迷惑軽減という理由がほとんど。w
そんなんだから結局、2年前に検討して、やめて、変えるモティベーションもなく、そのまま。

であるにも関わらず、今年はスマートフォンに変える予定。
なぜなら…


(つづく)



Feel it * 16:58 * comments(39) * trackbacks(0)

NIKE MAG ついに発売!



僕らにわくわくする未来を見せてくれた、あの“マーティの靴”が、ついに発売になる。
少し前にナイキが「自動靴ひも調整システム」の特許を出願していて、
話題にはあったけれど、こんなに早く登場するとは…。

と言いながら、今回のMAGには自動でサイズや靴ひもが調整される機能はありません。
それは、少なくとも2015年を待たないといけないようです。(^-^)

いやぁ、しっかし、この映像のクオリティなんなんだろ?
ドクまで出てくるし、ちなみにお客さんはケビン・デュラントというNBAの選手。
っつーか、よく見ればエグゼクティブ・プロデューサーは本物じゃん!!
……納得。


1,500足かぁ。。
いくら出せば買えるかなぁ?
eBayのみのオークション販売ってことだから、結構ハードルが高いな。

というか、実はそれと同じくらい欲しいのが、このミニチュアなんだよね。
NIKE MAG MINI

やばいなぁ、これ欲しい。
こっちはお店で買えるらしい。
アメリカで、誰か買ってきてくれないかなぁ…。

Nike
Store -Back 4 The Future



Feel it * 18:15 * comments(32) * trackbacks(0)

このページの先頭へ