<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「ポジティブ思考」が嫌い | main | TVCM 〜江崎グリコ「ポッキー極細」 >>

[BOOK]白夜行

『白夜行』を読み終えた。文庫本で850ページ。
本著をこれから読もうと思う方は、以下を読まないほうがいいかもしれません。


20年に渡る少年と少女の純粋な愛情。
しかし、それは太陽に照らされることのない闇夜の愛。
白夜を行くがごとく、お互いがお互いの陽でありたいと願い、それのみを頼りに生きていく刹那さ……。

ミステリーでありながら、なぜか雄大な時刻の流れを感じさせる不思議な感覚のありようは、解説で馳星周氏が言われるように、著者である東野圭吾氏が主人公の感情を一切記していないことによるのかもしれない。

そもそも、お互いがお互いをどう思っているのか、本当に必要としている存在なのかすら、明確には分からないままだ。
ふたりが逢引き(古っ)する姿だけでなく、電話で話をしているシーンすら描かれることはない。

その上、犯人であることの焦燥感や、人を殺めたことの懺悔も感じず、虚脱感に苛まれることもない。
彼らが何を思い、何を感じているのか、本当のところが分からないまま、事件は新たな局面を迎え、ほとんど解決されないままに時間とともに風化していく。

そうして起こる一つ一つの点と点が繋がり始め、巧妙に仕組まれた事件の全容がおぼろげながら見えてくると、しっとりと足元からぬかるみに嵌っていくような恐怖が込み上げてくる。

ぬるっとした何とも言えない気持ち悪さと同時に、
  どこまでも沈みこんでいくような奥深い恐怖が――。


しっかりとした人物描写は、筆者の特徴の一つだが、本作でも台詞の一つ、場面の説明、その行動に対して、しっかりとその人物像をイメージできるような言葉の選び方は秀逸であり、数多くのキャストが登場しながらも錯綜せずに読めるために、疲れない。

全てがきちんと明確に解決されないままに終わるのは、大変に危険なギミックであることを承知の上で、あえてそれをそのままにする辺りに、著者の自信がうかがえるというものだ。


今年の初めに、ザッピングしてテレビを観ていたわたしは目を止めた。
武田鉄也氏が好きで、彼が出ていたドラマのシーンに目を奪われたのだ。

その数分の出来事。それだけで、原作を読もうと思った。
結局、それからほぼ1年が経過するが、『白夜行』の年月に比べれば、他愛のない話だ。


白夜行
東野 圭吾
集英社
売り上げランキング: 4174
おすすめ度の平均: 4.5



Review * 19:59 * comments(12) * trackbacks(3)

コメント

做生意是一个??的?程,只有起点,没有?点。
Comment by ?国甜美童装 @ 2017/01/24 4:12 PM
点子就是?富。?把思???得越?活,?利的机会就越大,成功的机会就越多。
Comment by ?国???尚首? @ 2017/01/24 11:26 AM
做生意没什?秘密,秘密就是?客??意。
Comment by ?国瑜伽服装?物网 @ 2016/12/30 8:17 PM
我?的商?方?:用最好的?量和最低的价格?覆市?秩序。
Comment by 最新?版女装批? @ 2016/11/28 7:24 AM
什?是上帝:客?!
Comment by 款?国?尚女装系列品牌 @ 2016/09/28 1:00 PM
客?100%?意,是我?永?的目?。
Comment by ?国?尚女装品牌?物 @ 2016/09/28 3:12 AM
我?就是??的:生意可以不做,但人不能不做。
Comment by 奚碧源 @ 2016/09/11 9:29 AM
失?的人,就是有90%的可能性,但他?放弃。
Comment by ?国女装品牌网站 @ 2016/09/08 1:27 AM
正?的投?判断力来自于??。
Comment by 成都信用?套? @ 2016/03/30 4:13 PM
广州餐??票,?系:13660122849 QQ:1125625989 李?理 保?100%真票,代?各??票。 ??从事代?数十年,?量保?!
Comment by 广州餐??票 @ 2016/03/29 3:12 AM
Very informative blog post.Thanks Again. Will read on…
Comment by Harley @ 2015/03/31 4:45 AM
I have recently started a web site, the info you provide on this website has helped me greatly. Thanks for all of your time & work. “The murals in restaurants are on par with the food in museums.” by Peter De Vries.
Comment by Aubrey @ 2015/03/13 1:41 PM
コメントする









トラックバック

東野圭吾『白夜行』

白夜行集英社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『白夜行』を紹介します。本書を読むきっかけは、ドラマ化されるということと今の時期に作者が直木賞を取ったということで読んでみました。 亮司や雪穂が犯行を犯した直接的な描写がないのですが、第三者的な描
From itchy1976の日記 @ 2009/02/10 8:34 PM

「白夜行」東野圭吾著、読んでみました。

「白夜行」東野圭吾著、読んでみました。「東野圭吾」21作目です。1973年に起こった質屋殺しを発端に物語りは進んでゆく。主要人物の「雪穂」と「亮司」と私の年齢が近いこともあり、自分が過ごした時代と重なることから、ところどころに書かれる「インベーダーゲーム
From GOCCIの男を磨く旅(笑) @ 2007/07/05 7:34 AM

「白夜行」(第1話)

「白夜行」第1話1月12日(木)オンエア分:★★★★と半分残酷で、重くて、暗くて、哀しくて、やりきれない・・でもそれ以上に、純粋でセツナイお話でした。。予備知識は全く無く原作も知らなかったので、初めは「ちぇっ、また無...
From ドラマ!あの素晴らしいドラマを、もう一度。 @ 2007/02/07 6:08 PM
このページの先頭へ